金沢の人気カレー店「金澤ななほしカレー」が、「カリッ」とハジける新調味料「薑」はじかみを新発売!かけるだけで、家庭のカレーが究極のスパイスカレーへと大変身。

金澤ななほしカレーは、2021年1月25日より、同店のオンラインショップと、金沢本店1Fの土産物店 [gift ギフト]にて、新調味料「薑」はじかみ を新発売します。

株式会社ななほし(所在地:石川県金沢市、代表:西橋 俊光)が運営する、2015年12月創業の人気カレー店「金澤ななほしカレー」は、新調味料「薑」はじかみ を新発売します。コロナ禍の苦境を打開すべく、構想から2年以上の研究の末ついに完成したこの商品は、27種類の香辛料とEXVオリーブオイルから作られています。辛さだけではない究極のスパイシーを目指し、パウダースパイスに加え、「カリッ」とハジける8種類のホールスパイスが含まれており、噛むたびにハジける食感と、次々と変化する香りや刺激が特徴の、これまでにない新感覚の調味料です。誰でも食べられる優しい辛さの「芳醇」と、激辛スパイス狂も満足の「激辛」の2タイプがあり、直営のオンラインショップ、または、提携土産物店にてご購入いただけます。

 

いつものカレーが究極のスパイシーカレーに大変身。「カリッ」カメば噛むほどハジけるスパイス「薑」はじかみ  「金澤ななほしカレー」より新登場・新発売

この度、「金澤ななほしカレー」は、今までにない新感覚調味料「薑 」の、誰でも食べられる優しい辛さの「芳醇」と、激辛スパイス狂も満足の「激辛」、2つのタイプの商品を、2021年1月25日より同店のオンラインショップと、金沢本店1Fの土産物店 [gift ギフト]にて販売を開始します。同日にはメディア各社様へ向けた発表会を開催いたします。構想から2年以上をかけ、コロナ禍の中でついに完成した店主の渾身作「薑」。いつものカレーが、新調味料「薑」はじかみをかけるだけでとびきり美味しいスパイスカレーに変わります。

【 新調味料「薑 」はじかみ メディア各社様向け発表会のご案内 】
日時:2021年1月25日(月)12時~13時
場所:金澤ななほしカレー 広坂本店(石川県金沢市広坂1丁目2-18中村ビル2F)

運営上の都合により、取材等につきましては事前のご連絡をお願い申し上げます。又、取材時にはコロナウィルス感染予防とし、マスクの着用等のご協力をお願い申し上げます。

【取材のご連絡・お問い合わせ】
エスダムスメディアJAPAN株式会社 担当:本間
TEL:090-8491-5480 /Mail:info@sdums.net

■商品情報
「薑」-芳醇- 800円/40g(税込)
「薑」-激辛- 1,000円/40g (税込)

  • 日本で唯一、香辛料を祀っている金沢発祥の新調味料「薑」はじかみ。商品名「薑」の由来とは?

「薑/椒 はじかみ」とは古語で噛んで辛いものを指す言葉で、”いわば香辛料の総称です”。この新商品は、香辛料のすべての要素を含む究極のスパイシー調味料であり、「カリッ」と噛むとハジける “ハジめてのカミ応え”を持っています。この2つの特徴を同時に表現できる商品名として「薑」を採用しました。”金沢市に 波自加彌(はじかみ)神社”という、日本で唯一香辛料を祀っている神社があることにもちなんでいます。「薑」は27種類の香辛料とEXVオリーブオイルから作られています。辛さだけではない究極のスパイシーを目指したこの商品には、パウダースパイスに加え、「カリッ」とハジける8種類のホールスパイスが含まれており、噛むたびにハジける食感と、次々と変化する香りや刺激が特徴の、これまでにない新感覚の調味料です。

  • 求め続けた辛さだけではない究極のスパイシー。覚悟を決めて臨んだ物足りなさの克服とコロナ苦境からの脱却。構想から2年で遂に完成。

「金澤ななほしカレー」は優しさが特徴のカレーです。子供から年配の方まで安心してお召し上がりいただけるカレーは、多くの方が高く評価してくださる一方で、スパイスが大好きなお客様からは、「パンチがない」「優しいだけ」などの評価もいただくことがあるのが現状でした。2018年6月に、あるきっかけで思いついたのが「オイルで究極のスパイシー調味料を作るというコンセプト」でした。ななほしカレーは、一般的なカレーのようにオイルを使用していません。これは、美味しさを追求する観点からすると不利な点です。しかし、考えてみると他店はオイルでスパイスの良さを引き出したあと、そこに水や具を入れて薄めてしまっている。もし、当店がオイルで究極的にスパイスの良さを引き出したトッピングを開発すれば、オイリーになりすぎることなく世の中のどのカレーよりもスパイシーなカレーを作れるのではないか。しかし、簡単そうに思えたアイディアは難航します。何度も試作しては行き詰り、新たなアイディアを閃いてはまた行き詰り、研究を繰り返しますが、構想から2年近くがたっても究極的にスパイシーだと呼べるような商品を作り上げることはできませんでした。そうした中、コロナ禍による緊急事態宣言が発令されました。創業以来右肩上がりだった本店の売上は、前年比10%以下まで減少し、先行きの見えない状況の中、これを完成させるしかないと人生をかけるつもりで研究に再度没頭し、ついに完成させることができたのがこの新調味料「薑」はじかみです。

  • ” スパイスの効能で、刺激的でも身体に優しい「薑」”アレンジ自在で食卓に新たな驚きをお届けします。

「金澤ななほしカレー」は世界で一番金沢らしい「金澤カレー」を提案する。というコンセプトで、2015年12月創業。母親が作ってくれた料理のように、美味しくて身体によいのは当たり前だと考え、自分の子供に毎日でも安心して食べさせられる食事を提供することを経営理念としています。油・小麦粉・白砂糖を使用せず、低脂肪・低カロリーで消化の良いカレーです。豆カレーは、オリエンタルベジやビーガンだけでなく、グルテンフリー/ラクトフリーにも対応しています。様々な食習慣をもつ人たちが、カレーを介して同じ食卓を囲めるということも、金澤ななほしカレーの目標の一つとなっています。 「いつでも、誰でも、サッと手軽に、雰囲気よく、皆で一緒に、美味しくて、栄養バランスの良い食事をとれる。」という、カレーだからこそ実現できる状況を広めるため、2018年12月には冷凍カレーの通信販売を開始しました。多くのメディアに取り上げられ、2020年には前年の3倍以上の売上を記録するなど好評を得ております。これまでは、誰でも食べられる辛さ控えめの優しい味わいのカレーで、本格的なスパイスカレーや激辛カレーが好きな方は、このカレーだけでは満足できていなかったかもしれません。しかし、今回の新調味料「薑」はじかみ が加わったことにより、そういった方々にも、自慢のカレーを満足いく形にアレンジしていただけるようになりました。しかも、27種の香辛料とEXVオリーブオイルのみを用いて作った「薑」は、食べる漢方薬といっても過言ではありません。スパイスのさまざまな効能は、新陳代謝を向上させ、消化を促進し、免疫力もアップしてくれることでしょう。新商品「薑」は刺激的ながらも、金澤ななほしカレーの優しさを失ってはいないのです。そして、この商品はカレー以外にも、様々な料理のアクセントとして、ご活用いただくことが可能です。麺類全般や、スープ、サラダ、冷ややっこ、焼き魚、炒め物などに後からひとかけするだけで、本格的なスパイス料理へと早変わりさせます。金澤ななほしカレーの冷凍カレーや、新調味料「薑」はじかみ が、暮らしに便利さと豊かさを与えられるような商品へ育ってくれたら、と願っています。

  • カレー文化の根付いた金沢から、世界で一番金沢らしい「金澤カレー」を提案します。

金沢らしさである歴史、伝統と革新、良いものの融合、小粋な雰囲気を意識し本質的な良さを追求した、美味しいのに毎日食べても健康でいられる、砂糖、小麦粉を使用していない、身体に優しいカレーを提供する「金澤ななほしカレー」はSDUMSmediajapan株式会社の関連企業です。

■店舗情報
店舗名: 金澤ななほしカレー
商品名: 新調味料「薑」はじかみ
代表者名:西橋 俊光
店舗所在地:〒920-0962 金沢市広坂1丁目2番18号 中村ビル2F
関連URL:http://nanahoshicurry.jp/

【記事へのお問い合わせ】

エスダムスメディアJAPAN株式会社 担当:本間
info@sdums.net

会社概要

株式会社ななほし

所在地:〒920-0962 金沢市広坂1丁目2番18号 中村ビル2F

URL:http://nanahoshicurry.jp/

関連URL

http://nanahoshicurry.jp/

PAGE TOP