イギリスの伝統的なデザート【Crumble(クランブル)】、世界初のクランブル専門店がロンドンに登場!

 エスダムスメディアJAPANでは、世界各国に駐在しているエスダムス海外特派員より届いた、まだ日本では知られていないリアルなローカルニュースを配信していきます。今回はロンドンで見つけた世界初の「クランブル専門店」を紹介します。

  • http://イギリス特派員 クランブル
  • http://イギリス特派員 クランブル
  • http://イギリス特派員 クランブル
  • http://イギリス特派員 クランブル
  • http://イギリス特派員 クランブル
  • http://イギリス特派員 クランブル
  • http://イギリス特派員 クランブル
  • http://イギリス特派員 キャリーさん
  • イギリス特派員 クランブル 

    • イギリスの伝統的なデザート、クランブル。世界初のクランブル専門店がロンドンに

     Crumble(クランブル)は、イギリスの伝統的なデザートの1つで、温かいデザートのため一般的には冬のデザートとされています。フルーツを煮詰めたものを一番下にひき、その上にクランブルと呼ばれる生地を乗せ、一番上にはお好みでカスタードやバニラアイスなどをトッピングします。これがクランブルです。特にリンゴを使ったアップルクランブルは家庭でも根強い人気を誇っており、私も冬の時期にホームステイをしていたとき、ホストマザーがこのアップルクランブルを作ってくれた事を覚えています。
     イギリス人が大好きなこの伝統的なデザートのクランブルが、世界初のクランブル専門店としてロンドンに登場しました。ロンドンの象徴的なマーケットと呼ばれるオールドスピタルフィールズ・マーケットとバラマーケットの中で、可愛らしいピンク色の外観をしているお店が、この「Humble Crumble」です。

    【店舗概要】
    OLD SPITALFIELDS MARKET(オールドスピタルフィールズマーケット)店
    所在地:Unit, SP4C, 12 Horner Square, Spitalfields, London E1 6EW
    営業日時:月曜~金曜 12:00~20:00 土曜 12:00~19:00 日曜 12:00~18:00

    BOROUGH MARKET(バラマーケット)店
    所在地:Market Hall, 8 Southwark Street, London, SE1 1TL 
    営業日時:金・土曜 10:00~17:00 日曜 10:00~14:00 

     

    • ロンドンで、あなただけのオリジナルクランブルを体験してみませんか?

     トッピングが豊富なため、あなただけのオリジナルクランブルを作ることができます。インスタグラムでお気に入りのクランブルを見つけてオーダーするのもよし、スタッフのオススメや期間限定メニューに、あなたの好きなトッピングを加えてオーダーするのもよし、きっとスタッフはあなたのわがままに答えてくれるでしょう。

    イギリス特派員 クランブル

    注文の仕方は、以下の通りです。
    ①クランブルのサイズを選びます。
     ・レギュラー:£5.50 (約860円)・ラージ:£7(約1,094円)
    ②フルーツのフレーバーを選びます。(カップの一番下にくるもの)
     ・アップル(英国産) ・ミックスベリー(カシス、ブラックベリー、ラズベリー、レッド・カラント)
       ※アップル以外のフレーバーは時期によって変更します。
    ③クランブルを選びます。
     ・CLASSIC SHORTBREAD (ショートブレッド)
     ・SPECULOOS (スペキュロス)
     ・VEGAN SHORTBREAD (ヴィーガン ショートブレッド)
    ④トッピングを選びます。
     ・PURE VANILLA CUSTARD :hot/cold/frozen(バニラカスタード:温/冷/アイス)   £1(約156円)  
     ・FRESHLY WHIPPED CREAM (生クリーム)  £1(約156円)  
     ・BLOWTORCHED MARSHMALLOW(焼きマシュマロ) 50p(約78円) 
     ・DARK CHOCOLATE DRIZZLE (ホットチョコレート) 50p(約78円)
      
    ⑤仕上げのデコレーションを選びます。  Free(0円)
     ・hazelnut(ヘーゼルナッツ)
     ・crushed meringue(メレンゲを砕いたもの)
     ・dried rose petals (薔薇の花びら)
     ・almonds(アーモンド)

    (1£=156.27円 1p=1.56円、2022年1月14日現在)

    イギリス特派員 クランブル

     一番人気はアップル×ショートブレッドのクランブルです。また最近は温かいカスタードとクランブルの組み合わせがSNSで話題を呼んでおり、現在最も人気のあるメニューとして知られています。アップルは一番人気のフレーバーのため1年中オーダーすることができます。その他のフレーバーはだいたい3ヶ月おきに変更され、季節限定のスペシャルメニューも登場します。今秋はパンプキンのクランブルが期間限定メニューとして9月から販売されました。

     今回は2種類のクランブル(レギュラーサイズ)をオーダーしました。1つ目は、②アップル③ショートブレッド④アイスクリーム、焼きマシュマロ、ホットチョコレート⑤メレンゲ、薔薇の花びら
    イギリス特派員 クランブル
     2つ目は、②ミックスベリー③スペキュロスとショートブレッドのハーフ&ハーフ④温かいバニラカスタード、ホットチョコレート⑤ヘーゼルナッツ、バラの花びら、アーモンド
    イギリス特派員 クランブル
     アップルクランブルは、りんごの甘みがどんどん口の中で広がり、トッピングのアイスクリームと一緒に食べれば冷た温かい不思議なバランスが口の中に広がります。ミックスベリーのフレーバーは甘い香りとほどよい酸味がマッチし、ベリーの食感も楽しむことができます。ほんの少しスパイスが効いたスペキュロスのクランブルは、フルーツや温かいカスタードとの相性がぴったりです。

     オーダーを済ませた後、あなたはきっと動画を撮らずにはいられないでしょう。目の前であなたのクランブルが作られ、温かいカスタードがかけられます。仕上げのデコレーションをスタッフに伝えれば、あっという間に、出来立てのオリジナルクランブルが登場。この完璧に作られたクランブルから、伝統的な味とかけがえのない温かさを味わってください。(メニューや場所は2021年9月のものです。随時変更されている可能性があります。)
     

    • 私たちのカラダとココロを温めてくれるデザート。それがHumble Crumble

     創業者のKim Innes(キム・イネス)は、大学時代に家庭教師派遣会社を設立、そしてフランスでレストランのマネージャーを半年間経験した後にGrub Clubという食品のベンチャー企業で1年間マーケティングを担当しました。Grub Clubは今はもう存在しませんが、そこでの経験を生かし、23歳という若さでHumble Crumbleを生み出しました。

     キムは、「アイスクリームはわたしたちのカラダを冷やしてくれる。反対にわたしたちのカラダを温めてくれるスイーツは存在しないだろうか?」と考え、それは”ホットデザート”であると思いついたそうです。イギリス人にとってホットデザートといえば、クランブルなのでしょう。国民に愛されている伝統的なデザートです。キムは次第に、クランブルのお店は人々にとって必要な存在になるのではないかと感じるようになり、世界で初となるクランブルを専門にしたお店をロンドンに誕生させました。

     クランブルを作る全ての工程は職人が手作業で行っています。クリームはケント州の農場から、バニラは100%ピュアなバニラを生産しているバリ島の果樹園から直接仕入れています。また食品ロスの観点から、地元の企業やコミュニティーと協力し、58ジンなどお酒を作る過程で使用されている果物や、果樹園で廃棄される果物を回収し、クランブルの製作過程に取り入れています。さらに、クランブルを提供する容器はコンポスト(プラスチックなどとは違い、いずれ土に戻るもの)のパッケージを使用しており、食品廃棄物の削減に取り組んでいます。イギリスの国民に愛されているデザートに、職人技を駆使した味と信頼できる食材、そして環境に優しい取り組み、これらを上手く組み合わせて誕生したのがこの世界初のクランブル専門店「Humble Crumble」です。
     
     このHumble Crumbleが提供しているクランブルはシーズンに関係なく1年中注目されるべき価値のある商品だと思います。もしあなたがこのお店のクランブルに出会うことができたら、このクランブルは間違いなくあなたのカラダとココロを温めてくれるでしょう。 

     イギリスの伝統的なクランブルの懐かしさを残しつつ、斬新で新しい味や見た目をしたこのクランブルは、これからも多くの人々に愛されると思います。 ロンドンへ来たら、ぜひ訪れてほしいと思うお店の1つです。

    • カスタマーレビュー

    ・ヨークシャー出身、ロンドン在住:20代
    ⭐︎5:インスタグラムでここのお店を見つけたの。今日はこれを食べるためにここのマーケットにきたわ。ラージサイズのアップルクランブルに、温かいカスタードとチョコレートをトッピングしたもの、そしてバラの花びらをのせてもらったわ。イギリスの伝統的なデザートだけど、これは見た目が可愛いくて美味しいわね。だから5点かな。日本のみんながロンドンにきたら、ここのお店のクランブルを食べてみて。

    ・南アフリカ出身、ロンドン在住:30代
    ⭐︎5:秋のスペシャルメニューを食べずにはいられなかったから、今日ここに来たのよ。これはカボチャのあらゆる部分を使って作られているメニューなの。中にはスパイスのアップルクランブルが入っていて、その上に温かいカスタード、ヘーゼルナッツと薔薇の花びらをのせたわ。これを友人とシェアしたけど、美味しくて1人でたくさん食べてしまったわ。はは。これを£9で体験できるなんて、、私は訪れる価値があると思うわ。

    ・イギリス出身、ノッティンガム在住:30代
    ⭐︎4:僕は一番クラシックなクランブルをオーダーした(アップルクランブル+ホットカスタード)。僕はロンドンに住んでいないのですが、今日は毎年4日間だけ開催されるコーヒーフェスティバルのためにロンドンに来た。帰りの電車まで時間があったから、このマーケットに来てみたんだ。君がこのお店の前でクランブルの写真を撮っていたでしょ?僕は君の姿を見てこのお店が気になったんだ。そしたら僕の後ろにいた女の子がこのお店のアップルクランブルは人気だと教えてくれたから、注文してみることにした。味だけを評価するとしたら⭐︎4.5。でも僕の個人的な意見としては、値段が少し高すぎると感じた。ロンドンのお店だから仕方ないかもしれないけど、頻繁に食べるとするなら大きいサイズを£5.6で提供する必要があるさ。

    • スタッフレビュー

    ・Giuseppe(20代、イタリア出身)
    ロンドンに住み始めて2年になります。オーナーが知り合いでこのお店で働き始めました。もう8ヶ月くらいになるから、僕は新人でもなくベテランでもない、中間の位置かな。はは。楽しく働いているよ。僕はミックスベリーのクランベリーがお気に入りさ。

    ・Slide (20代、ノースイングランド出身)
    ロンドンに来て1年が経ったわ。ここで働き始めて3ヶ月になるわね。
    ここのお店はスタッフもお客さんもナイスなひとたちばかりだし、今のところかなり調子いいよ。

     

    ■ライタープロフィール
    Carrie(キャリー)
    ロンドン在住の26歳。貿易会社を経営する傍現地在住ライターとしてイギリス発祥やイギリスに初登場したお店、SNSで人気の商品や現地で話題のものなどをタイムリーに発信中。「旅行が難しいこんな世の中ですが、少しでも現地の雰囲気がみなさんに届けられると嬉しいです。読んで、見て、訪れて、楽しい時間を一緒に過ごしましょう。」

    イギリス特派員 キャリーさん

    会社概要

    エスダムスメディアJAPAN株式会社

    所在地:石川県金沢市森山1-2-1 FW202

    業種:サービス業—PR業務

    電話番号:050-3204-0372

    URL:https://sdums.net/

    関連URL

    PAGE TOP