めがねの国家検定資格「眼鏡作製技能士」が、鯖江市の「めがねフェス2022」へやって来る!めがね好きのための、めがねづくしの感謝祭!

1万5千人以上のめがね好きが、全国各地からめがねのまち福井県鯖江市に!

 公益社団法人 日本眼鏡技術者協会は、すべての人に適切な眼鏡提供を目指し、「技能検定」職種に新たに「眼鏡作製職種」として追加された「眼鏡作製技能士」の指定試験機関です。
 この度、2022年10月1日(土)と2日(日)に福井県鯖江市にて開催される「めがねフェス2022」への参加を決定しました。

めがねフェス2022 https://meganefes.com (外部リンク)

    • 「眼鏡作製技能士」が「めがねフェス2022」に初参加!技能士の磨かれた技(わざ)を体感

     

     めがねの縁(フレーム)だけでなく、人と人との縁(えん)もつくり出せる産地として、めがねフェスでの出会いや繋がりを大切にし、時代とともに進化していきたいと考える「めがねフェス」実行委員会。さらなる発展を期待される当イベントへ、【日本眼鏡技術者協会】の初参加が決定しました。
     【日本眼鏡技術者協会】の特設ブースでは、下記のイベントを企画し、眼鏡作製に必要な技能を体感することができます。

    ■企画概要■
    ・来場者向けの調整コーナー
    ・メガネに関しての「Q&A」のトークショー
    ・「眼鏡作製技能士」の試験問題から抜粋したクイズコーナー
    ・マネキンを使った「フィッティング体験」コーナー

     【日本眼鏡技術者協会】は「めがねフェス2022」で、「眼鏡作製技能士」に求められる知識・技能とその存在を全国のめがねファンに広めたいと考えます。

    • 「めがねよ、ありがとう」を合言葉に、作り手と使い手が楽しむ時間を共有する、唯一無二のイベントを2日間開催

     

     めがねの一大産地、福井県鯖江市で開催される「めがねフェス」は、全国各地から、1万5千人以上のめがね好きが集まるイベントです。2013年の開始より全国のめがねファンを魅了し、年々来場者数を増やしていきました。昨年はコロナ禍でやむなく中止となりましたが、今年は「めがねの日」である10月1日(土)と2日(日)の2日間に開催されます。
     イベントは、めがね供養にはじまり、めがねグッズやめがねグルメ、めがねステージなどめがねづくしの会場で行われ、めがねの作り手と触れ合うPOP UP GALLERYや、さまざまなワークショップ・体験ブースなど、産地ならではの企画が2日間を通して開催されます。
     

    • 「眼鏡作製技能士」は、最適・快適なメガネを提供します

     日本眼鏡技術者協会は、新国家検定資格として注目されている「眼鏡作製技能士」の指定試験機関であり、メガネ関連では唯一の内閣総理大臣認定の公益団体です。メガネ業界の技能水準向上のために、確かな知識と技能で、最適・快適なめがねを提供するメガネのスペシャリスト「眼鏡作製技能士」の認定を行います。日々進化していくレンズやフレームなどに対応し、様々な生活様式に適応するメガネの提案をするためには、眼鏡作製者の知識や技能の向上が必要です。同協会は、その実現に向けて技能検定試験を実施し、知識・技能レベルの標準化と、新技能への対応をはかります。

    ※眼鏡作製技能士の第一期生の合格発表は11/16となります。今回参加するのは未来に誕生予定の技能士となります
    ※新型コロナウイルス等の感染症の蔓延状況によっては、イベントが中止、縮小されることがあります

    <過去記事一覧>

    2021年10月13日配信 https://sdums.net/news/3164 (外部リンク)
    2021年12月21日配信 https://sdums.net/news/3599 (外部リンク)

    ■団体概要
    団体名:公益社団法人 日本眼鏡技術者協会
    代表者:会長 木方 伸一郎
    本部:大阪府大阪市淀川区宮原1-2-6 新大阪橋本ビル9階
    東京事務所:東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル2階
    設立:1956年
    URL:https://megane-joa.or.jp/ (外部リンク)

    関連URL

    https://meganefes.com

    PAGE TOP