【レモニカ社】白山の森と大地がつなぐ水「白山天然水」を全国販売開始!天然水ボトリング工場を新設。ブランド初スプリングウォーター販売へ

自社工場での採水・オゾン水殺菌で、環境に優しくミネラル豊富に

 株式会社レモネード・レモニカ(本社:石川県金沢市、代表取締役:河村 征治、以下レモニカ社)は、2022年9月、石川県金沢市松島にボトリング工場を新設しました。このボトリング工場では、環境に優しい製法で高品質な天然水を生産しています。2022年11月1日(火)より、「白山天然水」を全国各地にて販売開始します。

  • 白山天然水

    • こだわりのスプリングウォーター「白山天然水」

     山は、⻑い時間をかけて天然水を作り出す「大きな装置」といえます。雨や雪などの降水は、まず森林とその土壌に蓄えられたのち、ゆっくり時間をかけて地中に浸透し濾過されていきます。さらに岩石の間を通ることにより、ミネラルをたっぷり含んだ地下水となります。 

     石川県金沢市は、霊峰白山より古来たくさんの自然の恩恵を受けてきました。郷土の連峰がしんしんと育んできた地下水を、自社工場でそれぞれ0.65μm、0.2μmのフィルターを使用した濾過装置に1回ずつ通し、ボトルはオゾン水で殺菌します。これにより、ボイラーは使用せず、非加熱で除菌するため二酸化炭素の排出を限りなく抑えることができます。また、水の組織を壊すことなくカルシウムとマグネシウムが程よく含まれた中硬水の「白山天然水」を生産することも可能になりました。ミネラルは余分なものを排出してくれる働きがあるため、肉料理の際には臭みなどを取れやすくする効果があり、深煎りのコーヒーなどは苦味をまろやかにする効果があります。どんな素材とも相性が良く、調理等に使用する場合も素材本来の味を活かせる水となっています。

     日本は飲みやすさから軟水が多い中、地下150mから汲み上げた「白山天然水」は、ph値が人間の体液と同等の7.4という中性の硬水となっており、「ミネラルをしっかり摂取でき、かつ飲みやすい硬水」を叶えました。

    ■商品概要
    商品名:白山天然水
    発売日:2022年11月1日(火)

     

     

     

     

     

     

     

    • 郷土の天然水を届けたい!ミネラルはそのままに自社工場でボトリング

     環境省は来年度予算の概算要求として脱炭素の取り組みを強化するなど7,414億円を計上しました。今年度の当初予算と比べて13%増え、その中には「昭和の名水百選」「平成の名水百選」に続く「令和の名水百選」を選定するとして5,000万円が盛り込まれました。  日本を含む世界全体で脱炭素に向けた取り組みが推進されている今、レモニカ社では、脱炭素化に取り組みながらも自然豊かな郷土の恵「白山天然水」を生み出すことに成功し、この度、自社工場にて生産・全国にて販売を行うこととなりました。
     今後、酵素やCBD(カンナビノイド)などをブレンドさせたシリーズも、展開予定です。

    引用元:
    令和5年度環境省重点施策 https://www.env.go.jp/content/000070046.pdf (外部リンク)
    カンナビノイドとは(カンナビノイド審査委員会) https://japan-ca.jp/cbd/cbd_about/ (外部リンク)
    関連記事:https://sdums.net/news/4626

    会社概要

    株式会社レモネード・レモニカ

    代表者:代表取締役 河村 征治

    所在地:石川県金沢市森山1-2-23

    業種:オリジナルレシピのレモネード専門店運営とフランチャイズ本部

    URL:http://lemonade-by-lemonica.com

    関連URL

    http://lemonade-by-lemonica.com

    PAGE TOP